JR在来線高架化 橋脚基礎工事 富山県富山市
施工期間:2015年11月~2015年12月

工事名 富山高架東BL高架新設他2工事
工事目的 JR在来線高架化 橋脚基礎工事
施工場所 富山県富山市城北町 地内
発注者 西日本旅客鉄道株式会社
元請業者 西松建設株式会社
施工業者 杉崎基礎株式会社、株式会社德永組
施工期間 2015年11月~12月
施工機械 ベースマシン:日立 ZX135USK-5B  バイブロハンマ:MOVAX SG-30R
先行削孔:日立 SRD25
型式・寸法 SP-3 L=7.0~8.0m(継無し)、l=11.5m(1箇所継)
特徴・効果 JR在来線に近接した狭隘な場所での鋼矢板打設。 (Nmax≦47)
ウォータージェットが使えず、かつ低振動・低空頭が要求される中、7.0~8.0mの鋼矢板はMOVAX単独で打込み、11.5mの鋼矢板はコンクリート殻・玉石(φ300程度)をSRD25で先行削孔後、打込んだ。



≪ 施工事例一覧に戻る